サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴鹿10時間:ファーフス&シュニッツァーBMWが12番手から大躍進! ポールポジションを決める

ここから本文です
 2019第48回サマーエンデュランス『BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』は8月24日、17時35分から15分間のポールシュートアウトが行われ、アウグスト・ファーフスがアタックを担ったBMWチーム・シュニッツァーの42号車BMW M6 GT3がポールポジションを獲得した。2番手には25号車アウディR8 LMSが続いている。日本勢では、小林可夢偉がアタックしたメルセデスAMG・チーム・グッドスマイルの00号車メルセデスが6番手につけている。

おすすめのニュース

サイトトップへ