サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フィットの販売不振はヤリスに負けたわけじゃない! 4代目が陥った深刻な「戦略ミス」とは

ここから本文です

 2020年度の販売台数は全体11位の9万4311台

 新型ホンダ フィットの販売が苦戦している。自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、2020事業年度(2020年4月から2021年3月)締めでの年間販売台数において、フィットの販売台数は9万4311台となり、平均月販台数では約7859台となった。新型フィットの月販目標台数は1万台なので、統計を見ても苦戦なのは明らか。

本当にホンダの「復活」と喜んでいいのか? N-BOXに続きフィットもバカ売れする「裏」にある「ブランド」の変化

 ただし、この月販目標台数は“あくまで目標値”としているもののように見える。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン