サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC第5戦:過酷なラリー・トルコ開幕。シェイクダウンはヌービルがサス破損も最速

ここから本文です

WRC第5戦:過酷なラリー・トルコ開幕。シェイクダウンはヌービルがサス破損も最速

WRC第5戦:過酷なラリー・トルコ開幕。シェイクダウンはヌービルがサス破損も最速

 9月18日、WRC世界ラリー選手権第5戦トルコが開幕した。同日の現地9時(日本時間15時)過ぎから競技開始前のシェイクダウンが行われ、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合トップタイムをマークしている。

 新型コロナウイルスのパンデミックによるWRCカレンダーの変更にともない、今季第5戦として開催されることとなったラリー・トルコ。非常に荒れた路面と、高温のコンディションによりWRC開催ラウンドのなかでも、もっとも過酷なラリーとして知られるイベントだ。

2010年以来の参戦となるローブ「戻ってこられて興奮している」/2020WRC第5戦トルコ 事前コメント

 そんなWRCトルコの競技初日にあたる18日は、朝からアスパランに設定された全長4.70kmのグラベル(未舗装路)ステージでシェイクダウンが行われた。このシェイクダウンでは最初のランでカッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が3分27秒2をマークしてトップに立つ。
 
 これを2本目の走行で上回ったのが前戦エストニアの勝者オット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)で、タイムは3分24秒6。ロバンペラもタイムを伸ばしたが0.2秒及ばず暫定2番手に。暫定3番手にはエルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC)が3分24秒9で続いた。

 3走目、ここでヌービルが全体トップ、唯一3分24秒台を切る3分23秒4を記録した。ヌービルは走行2本目で右リヤのサスペンションを破損していたが、その後サービスで修理を受けてステージに復帰。総合トップタイムをマークしてみせた。
 
 結局、このタイムが最後まで破られることなくシェイクダウンは終了。ヌービル、タナクのヒュンダイ勢がワン・ツーを占め、その後ろにロバンペラ、エバンス、選手権リーダーのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が続く格好となっている。
 
 Mスポーツ・フォードはテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)の総合7番手が最上位だ。なお、僚友のガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)は2回目の走行のスタート直後にパンクに見舞われ、この影響でコースアウトを喫している。

「信じられないほど荒れたステージだったよ」と語るのは、シェイクダウン最速となったヌービル。

「シェイクダウンからすでにハードだったが、僕たちは生き残り、いくつかの良いセッティングをみつけることができた」

「ラリーを始めるには今夜、力強いスタートを切ることが必要だ。それが本当に楽しみだよ」

 WRC第5戦トルコは18日17時(日本時間23時)過ぎからSS1で競技がスタートする。

■2020年WRC世界ラリー選手権第5戦トルコ シェイクダウン
Pos.No.DriverMachineTime111T.ヌービルヒュンダイi20クーペWRC3'23.428O.タナクヒュンダイi20クーペWRC3'24.6369K.ロバンペラトヨタ・ヤリスWRC3'24.8433E.エバンストヨタ・ヤリスWRC3'24.9517S.オジエトヨタ・ヤリスWRC3'25.169S.ローブヒュンダイi20クーペWRC3'27.073T.スニネンフォード・フィエスタWRC3'27.3844G.グリーンスミスフォード・フィエスタWRC3'28.297P-L.ルーベヒュンダイi20クーペWRC3'28.2104E.ラッピフォード・フィエスタWRC3'28.8
※リザルトは編集部集計

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します