サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ライコネンに直撃インタビュー】GP最多出場の記録に全く興味なし。「300戦だろうが2万戦だろうが、全然関係ないよ」

ここから本文です

 今年10月17日の誕生日で40歳の大台に上がるキミ・ライコネンは、もちろん現役最年長のドライバーである。そして開幕戦終了時点で295戦のレースに出場しており、今季中にはミハエル・シューマッハーの307戦、フェルナンド・アロンソの312戦を抜いて、ルーベンス・バリチェロの323戦に次ぐ歴代2位の出走記録保持者となる。

 しかし囲み取材の冒頭でそれについての感想を聞いたところ、「そんな数字、全然興味ないよ」とすぐに返すところが、相変わらずのライコネンである。

ハミルトン、ホンダF1のパワーユニットを称賛。「メルセデス&フェラーリに近づきつつある」

──とはいえ2020年も現役を続ければ、バリチェロを抜いてGP最多出場ドライバーになりますよ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン