サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産自動車と下野市(栃木県)がEVを活用した「災害連携協定」を締結。EVの蓄電機能を活用した防災対策を実現

ここから本文です

3月23日、日産自動車と栃木日産自動車販売、下野市の三者は、EVを活用した「災害連携協定」を締結した。これにより、日産自動車が自治体・企業と締結した「災害連携協定」は全国で26件目となる。

災害に起因する停電発生時は「リーフ」を無償で貸与

横浜ゴムの「BluEarth-FE AE30」が日産の新型軽スーパーハイトワゴン「ルークス」の新車装着タイヤに!

 この協定の内容は、下野市が『電気自動車(EV)の普及を通じて、環境負荷の低減を進めるとともに、地震災害等による大規模停電が発生した際に、市が指定する避難所等において、日産の販売会社である栃木日産自動車販売より貸与されるEV「日産リーフ」を電力源として活用することで、避難所の円滑な運営を行い、市民の安全確保に努める』というもの。

おすすめのニュース

サイトトップへ