サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産の次世代「e-POWER」用エンジンが世界最高レベルの熱効率を実現!

ここから本文です

新燃焼コンセプト「STARC」の開発により、熱効率50%を実現

日産自動車はこのほど、次世代の「e-POWER」向け発電専用エンジンで、世界最高レベルの熱効率50%を実現する技術を開発したと発表した。

【スクープ】これが新型「日産フェアレディZ」の最終デザイン? ついに特許画像が流出!

現在、自動車用ガソリンエンジンの平均的な最高熱効率は30%台で、40%台前半が限界とされていた。このたび日産が実現した熱効率50%は、エンジン開発において極めて革新的なものだ。

従来のエンジンは、様々な走行負荷(車速など)をカバーする出力特性を持つ必要があった。

おすすめのニュース

サイトトップへ