サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 元ニッサンのボブ・レイシュリー、ケータハム・カーズの新たな最高戦略責任者に就任

ここから本文です

ニッサンにおける25年のスポーツカー開発キャリア

ニッサンのスポーツカー担当プログラムディレクターを務めていたボブ・レイシュリー(Bob Laishley)が、ケータハム・カーズの新たなCSO(最高戦略責任者)に就任した。2021年4月、ケータハムは日本のVTホールディングスの傘下に入っており、新たな経営体制における最初の人事となる。

ジャガー XEの2021年モデル受注開始。INGENIUMディーゼルエンジンを新たにラインナップ

エンジニア出身のレイシュリーは、日産自動車において25年以上勤務。別ブランドとのコラボレーションや、スポーツカー開発プログラムのディレクターを務めるなど、これまで革新的な車両開発に携わってきた経歴を持つ。

おすすめのニュース

サイトトップへ