サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バラバラに分解してネジまで調査? テスラはロックがかかってバラせない? 自動車メーカーによるライバル車研究の実態とは

ここから本文です

 この記事をまとめると

■クルマづくりにおいてライバル車の分析は重要な作業だ

市場を切り開いた偉大なクルマが敗北! 「後出しじゃんけん」でバカ売れしたクルマ4選

■各社は「リバースエンジニアリング」という手法でライバル車を研究している

■「テスラはロックがかかっていて分解できない」という噂の真相についても言及する

 クルマづくりにおいて競合車の分析は欠かせない

 自動車に限った話ではないが、資本主義経済において商品を作るためにはターゲットユーザーを想定することがほとんどであり、当然ながらライバル商品というのは数多く存在しているものだ。それはサービスの提供でも、工業製品たる自動車でも同様だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ