サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】初代ティグアンには志向に合わせて3つのモデルが用意されていた【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

【試乗】初代ティグアンには志向に合わせて3つのモデルが用意されていた【10年ひと昔の新車】

2008年9月にフォルクスワーゲンジャパンは新しいコンパクトSUV「ティグアン」を発表しているが、この時、まずはオフロード志向の「トラック&フィールド」でデビューを果たしている。ただ、欧州では志向の異なる「スポーツ&スタイル」と「トレンド&ファン」が設定されているのはすでに知られているところで、いずれ日本にも上陸すると予想されていた。そこでMotor Magazine誌ではドイツ取材の機会に、この「スポーツ&スタイル」をテストしている。今回はその模様を振り返ってみよう。(以下の試乗記は、Motor Magazine 2008年12月号より)

本国のティグアンは3つの名前を持つ
フォルクスワーゲンの新しい戦略のもとにティグアンは生まれたのだと思う。それは本国のティグアンが3つの名前を持つことでもわかる。そのうちのひとつは日本にも入っている「トラック&フィールド」。あとのふたつは「スポーツ&スタイル」と「トレンド&ファン」である。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

ティグアンが3つのサブネームを持つということは、それだけこのマーケットが大きいという証だろう。コンパクトSUVは、ホンダCR-VやトヨタRAV4が欧米でもすでに大きなシェアを獲得しているが、これから先もさらに伸びることが予想されているのだ。同じドイツ車では、BMW X3やアウディQ5なども同じセグメントに入るだろう。

同じボディで3つの名前という点では、昔のマークII 3兄弟と発想は同じかもしれない。装備やエクステリアデザインを少し変えて、標準的なマークIIに対してスポーティなチェイサー、大人っぽいクレスタという名前で出ていた。日本ではピーク時に3車種で月3万台を越えていたこともある。

ティグアンも同じように考えたのだろう。このコンパクトSUVというセグメントは大きな需要がありそうだが、顧客の好みに合わせるのも難しい。それなら3つの方向性の異なるモデルを作ればいいということだ。

日本に入ってきているのはオフロード志向の顔をもつ「トラック&フィールド」で、未導入の「スポーツ&スタイル」と「トレンド&ファン」はオンロード志向のフロントマスクを持っている。一番目立つ違いはフロントスカートで、「トラック&フィールド」はアプローチアングルを考えて地面に擦りにくいデザインになっている。またヘッドライト下側からラジエターグリルに続くラインはナンバープレートの下で左右につながっているが、「スポーツ&スタイル」と「トレンド&ファン」はバンパー下まで伸びて左右につながるという違いがある。

今回乗った「スポーツ&スタイル」のデザインは、より乗用車っぽくなっている。インテリアでもモデルごとにシート地のデザインも異なり、雰囲気の違うクルマにうまく作り分けられている。

サスペンションもオンロード志向の2モデルはスポーティな走りができるように、「トラック&フィールド」よりも固められている。

ロールが小さくかっちりした乗り味の「スポーツ&スタイル」
さて、日本では発売されていないオンロード志向のティグアン「スポーツ&スタイル」にドイツで試乗することができたので、そのインプレッションをお伝えしよう。

試乗車は125kW(170ps)を発揮する2.0TSIに6速ATが組み合わされた高級モデル。このほかにエンジンは110kW(150ps)+MT、147kW(200ps)+MT/ATが選べるから、パワーとしては中間レベルのモデルである。

タイヤはオプションの235/50R18 97Vで、コンチネンタルのクロスコンタクトを履いていた。これはSUV用タイヤであるが、左右非対称のトレッドパターンを見るとオンロードもしっかり走れそうなタイヤである。

フランクフルト空港でピックアップし、早速アウトバーンに乗って一路ニュルブルクリンクへと向かう。いやティグアンでニュルを走ろうというのではない。今回はニュルに向かう移動車として使わせてもらったのだ。

荷物を積んでアウトバーンを走ると、アイポイントの高さから、周りのクルマを見下ろす感覚でティグアンがSUVだということを感じる。ミニバンだらけの日本と違ってドイツではセダンの数が多いから見下ろせるのだ。

アイポイントは高いが、重心の高さがまったく気にならないハンドリング性能を持っている。アウトバーンでは楽に200km/hオーバーで走れるし、そのスピードになっても十分な静粛性を保っている。

高速域での微小操舵の反応や手応えがしっかりしているので正確に運転できる。ちょっと軽めなステアフィールだが、ハンドルの正確性という意味ではほとんどゴルフか大きさ的にはパサートを運転している感じだ。中立付近の遊びは感じないし、遅れて反応することもないからSUV独特ブヨブヨ感がないのが良い。これなら長距離ドライブでも疲れない。

アウトバーンでのレーンチェンジやランプウエイで横Gを受ける場面でも、「スポーツ&スタイル」はロールが小さくカチッとした印象を保ち続ける。多少固められたサスペンションという感じではあるが、乗り心地が悪いわけではない。一般道でも舗装の荒れた場所や段差でもタイヤとサスペンションが良く吸収してくれて、強い突き上げや揺すられる感じにはならない。

休日の混んだニュルブルクリンクでは駐車場がなくなり、舗装されていない広場に駐車しなくてはならないこともあるが、そんな場所でも躊躇なく入って行けたときにティグアンのありがたみがよくわかった。(文:こもだきよし)

フォルクスワーゲ ティグアン スポーツ&スタイル 2.0TSI 主要諸元
●全長×全幅×全高:4427×1809×1683mm
●ホイールベース:2604mm
●車両重量:1517kg(EU)
●エンジン:直4 DOHCターボ
●排気量:1984cc
●最高出力:125kW(170ps)/6000rpm
●最大トルク:280Nm/1700-4200rpm
●トランスミッション:6速AT
●駆動方式:4WD
●燃料・タンク容量:プレミアム・64L
●EU総合燃費:9.9km/L
●タイヤサイズ:215/65R16
●最高速:197km/h
●0→100km/h加速s:9.9秒
※欧州仕様

[ アルバム : フォルクスワーゲ ティグアン スポーツ&スタイル はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します