サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 山田宏の[タイヤで語るバイクとレース]Vol.45「ロッシ加入も意外と苦戦の2008年序盤戦」

ここから本文です
ストーナー不調、ロッシまだあと一歩……

ブリヂストンがMotoGP(ロードレース世界選手権)でタイヤサプライヤーだった時代に総責任者を務め、2019年7月にブリヂストンを定年退職された山田宏さんが、そのタイヤ開発やレースの舞台裏を振り返ります。2008年、ついにバレンティーノ・ロッシ選手もブリヂストンタイヤを履くことになり、前年11月に初テスト。その感触は良好だったのですが……。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン