サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > 初出展のボルボはポールスターが手がける「電動ハイパーフォーマンス」で勝負【東京オートサロン2020】

ここから本文です

初出展のボルボはポールスターが手がける「電動ハイパーフォーマンス」で勝負【東京オートサロン2020】

 初日完売の限定車も出展

 1月10日(金)から1月12日(日)まで開催されている東京オートサロン2020。今回初めてボルボがブースを出展している。ボルボといえば2017-2018、2018-2019と2年連続でカーオブザイヤーの大賞を受賞するなど、新世代モデルが好調。今回、ボルボは東京オートサロンに2台のクルマを持ち込んだ。

一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

 まずはS60 T8 Polestar Engineered。こちらのモデルは昨年11月に30台限定で発売するや、初日で完売してしまったというモデル。パワフルなプラグインハイブリッドのガソリンエンジンをポールスターが手がけた制御ソフトウェアで最適化されており、その走りはドライバーの胸を高鳴らせる。もちろんチューニングはソフトウェアだけでなく、エクステリアやサスペンションにまで及んでいる。わずか30台とはいえ初日に売り切れてしまったモデルだけに、今後お目にかかれる機会はそうそうない。見逃さないように!

 そしてもう1台がXC60 T8 Polestar Engineeredだ。こちらは2020年夏ごろの販売を予定しているモデルの先行公開。S60 T8 Polestar Engineered同様にポールスターがチューニングを施したモデルで、減衰力調整式オーリンズ製ダンパーやブレンボ製キャリパーの採用など、その走りに期待が高まる。

 今回ブースでの展示はなかったが、Polestar Engineeredは第3弾としてV60も控えている。脱ディーゼルを掲げ、今後は電動へと舵を切ることを公言しているボルボにとって、ポールスターはスタイリッシュな電動のハイパフォーマンスモデルという、いわばボルボのイメージリーダー的存在となることは必至。新しいポールスター、その第一歩となるモデルに要注目だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します