サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル、メルセデスが直線速度向上のために”魔法のデバイス”を使用していると疑う……しかしウルフ代表完全否定

ここから本文です
 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、最近のメルセデス勢の最高速度について疑念を表明。裏に何かあるのではないかと疑っている。しかしメルセデスのトト・ウルフ代表はこれを真っ向から否定。小さな開発の積み重ねと、マシンのセッティングのスイートスポットを見つけたことにより、マシンの戦闘力が向上したと主張した。

 今季の第16戦トルコGPでは、メルセデスがパフォーマンス面でレッドブル勢を圧倒。バルテリ・ボッタス(メルセデス)がマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の追撃を寄せ付けず、今季初優勝を手にした。

おすすめのニュース

サイトトップへ