サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > BASF、EV用電池材料の生産拠点をドイツに新設

ここから本文です
BASFは2月12日、欧州の電気自動車(EV)バリューチェーンを支援するための多段階投資計画の一環として、独シュヴァルツハイデの生産拠点に電池材料の新工場を建設すると発表した。

EV用電池材料の正極材(CAM)を製造するシュヴァルツハイデ新工場は、年間約40万台のEVに供給できる初期生産能力を確保。新工場の増設可能な設計およびインフラにより、迅速な生産能力の向上が可能になり、欧州のEV市場で高まる需要に応える。新工場ではフィンランドのハルヤヴァルタ新工場で製造した前駆体(PCAM)を使用する計画で、両工場の操業開始は2022年を予定している。

おすすめのニュース

サイトトップへ