サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヘリテイジスポーツのヤマハ「XSR900」やMTシリーズの最高峰モデル「MT-10」がリリース【日本バイク100年史 Vol.127】(2015-2016年)<Webアルバム>

ここから本文です

ヘリテイジスポーツのヤマハ「XSR900」やMTシリーズの最高峰モデル「MT-10」がリリース【日本バイク100年史 Vol.127】(2015-2016年)<Webアルバム>

1909年、初めての国産のオートバイが誕生した。それから100年以上、あまたのモデルが世に出て、愛され、そして消えて行った。時代時代で光を放ったオートバイたち…。今となっては、もう写真でしか見ることができない車両もある。そんな、日本が誇るオートバイの歴史を紐解いていこう。「果たしてあなたは何台のオートバイを知っているだろうか?」

ヤマハ XSR900 2016 年
MT-09をベースにクラシカルなスタイルを組み合わせて誕生したヘリテイジスポーツバージョン。パワフルな並列3気筒エンジンやしなやかなアルミ製フレームなどを共用しているMT-09のようなモタード風味も取り入れた乗り味と異なり、その走りはよりロードスポーツ的な味付けだという。

ホンダ「CT125 ハンターカブ」の発売はいつ? 値段はいくら?

ヤマハ MT-10 2016 年
新型YZF-R1ベースの強力なエンジンを与えられ、MTシリーズの最高峰モデルとして登場したMT-10。サスペンションやフレームもそれに見合ったハイグレードなもので、もはやネイキッドR1と呼ぶしかない高性能ぶり。さらにスタイルも、走り以上に過激な個性を感じさせるデザインだ。

カワサキ VULCAN S/ABS 2015 年6月
カワサキのクルーザーとして長年親しまれてきたバルカンシリーズは、2007年以降水冷Vツイン搭載の900系のみだったが、久々にニューモデルのバルカンSが登場。ER-6系の水冷並列2気筒エンジンを新たにデザインされたモダンで個性的な車体に搭載、街乗りからツーリングまで、多彩なニーズにフィットできるアーバンランナーだ。

ホンダ CB1300スーパーボルドール EパッケージSpecial Edition 2015 年2月
CB1300SBにETC車載器、グリップヒーター、専用インジケーターランプを標準装備したツーリング向けモデルのEパッケージをベースに。光の具合で印象が変わるパールコスミックブラックに赤いストライプをあしらった特別色と、スイングアームなどをブラックアウトしたスペシャルエディションが受注期間限定で登場。

ヤマハ YZF-R25 モビスターヤマハMotoGPエディション 2015 年7月
MotoGPマシン・YZR-M1を思わせるモビスター&モンスターエナジーのスポンサーロゴ入りカラーを採用。限定400台のみが販売された。

[ アルバム : 日本バイク100年史アルバムの続きを見る はオリジナルサイトでご覧ください ]

※諸元の並び順●エンジン形式●総排気量●最高出力●最大トルク●車両重量●前・後タイヤサイズ●価格(発売当時)

↓【連載】「日本バイク100年史」バックナンバーをまとめて見る
最新版【ニッポンのバイク112年歴史】オートバイ「2020年2月号」はこちら!

オートバイ 2020年2月号 [雑誌]posted with amazlet at 20.02.10
モーターマガジン社 (2019-12-27)
Amazon.co.jpで詳細を見る

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します