サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【ホンダ四輪モータースポーツ体制発表】F1参戦最終年度の布陣はフェルスタッペン、ペレス、ガスリー、角田…国内では山本尚貴が2年連続2冠に挑む

ここから本文です
1月15日、ホンダは2021年度のモータースポーツ体制発表会を行った。世界最高峰のF1グランプリは、パワーユニット供給最終年度となる今年は2チーム4名のドライバーでチャンピオン獲得を目指す。

例年は取材陣を招いての発表会だったが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴いオンラインで発表会を行った。2015年からパワーユニット(エンジン、モーター、電力回生装置などを含む動力ユニット)の供給を開始したホンダの第4期F1挑戦は、2021年が最後となることがすでに発表されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ