サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モバイルバッテリーを電動アシスト自転車のサブ電源に、ホンダが開発

ここから本文です
ホンダは10月21日、電動アシストシェアサイクルの充電切れを解消すべく、モバイルバッテリーを活用した「シェアサイクル用2電源システム」を開発したと発表した。

昨今、都市部ではクルマや公共交通機関ではカバーできない「ラストワンマイル」の移動を担うシェアサイクルが注目され、拡大しつつある。ホンダは「自由な移動の提供」の実現にあたり、シェアサイクルも重要なモビリティのひとつと考えている。しかし、シェアサイクルの普及拡大に向けては、電動アシスト自転車の充電不足や、シェアサイクル事業者にかかる充電コストの削減など、課題も多い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン