サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動化じゃなくカーボンニュートラルこそが目的! トヨタが「売れなくても」水素を推すワケ

ここから本文です

 この記事をまとめると

■トヨタは近年、水素自動車に意欲をみせている

ハイブリッド専用車の役目は終わった? プリウス&アクアが急激な「販売不振」に陥ったワケ

■MIRAIはすでに2代目を販売、水素エンジン車でレースにも参戦している

■なぜトヨタは水素に力を入れているのかについて解説する

 トヨタMIRAIはすでに2代目を販売

 トヨタは1997年に初代プリウスを発売して以来、ハイブリッド車を積極的に手掛けてきた。2021年1~6月におけるトヨタの国内新車販売状況を見ると、乗用車の40%をハイブリッド(少数のプラグインを含む)が占めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ