サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマト運輸、EVウォークスルートラックのモニター稼働開始…「グリーン物流」実現へ

ここから本文です
ヤマト運輸は2月14日、「グリーン物流」の実現に向け、いすゞ自動車が開発した『エルフEVウォークスルーバン』を導入し、モニター稼働を開始したと発表した。

ヤマトグループは、1月23日に発表した経営構造改革プラン「YAMATO NEXT100」の環境ビジョンとして「つなぐ、未来を届ける、グリーン物流」を掲げ、環境や生活、経済によりよい物流の構築を目指している。その実現には車両のEV化が重要であり、これまでもヤマト運輸は日本で初めての宅配に特化した小型商用EVトラックをストリートスクーター社と共同開発し、導入を進めてきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ