サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、初のF1サウジアラビアGPへ「3連戦でマシンに対する自信を持てた。スピードを徐々に上げて新コースに挑む」

ここから本文です

 F1第21戦サウジアラビアGPは、前戦カタールに続き、初のグランプリであり、ルーキーの角田裕毅は、他ドライバーと同じ条件で戦うことになる。

 ジェッダに建設されたばかりの市街地コースであるジェッダ・ストリート・サーキットは、全長6.174km、27のコーナーを備えたレイアウト。F1史上最速のストリートサーキットであるといわれている。

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】3戦ノーポイントでも、大きなポテンシャルを見せた。チームの貴重な財産になる

 アルファタウリ・ホンダの角田は、メキシコ、ブラジル、カタールの3連戦で入賞はかなわなかったものの、予選で9番手、12番手、8番手と優れた結果を出した。

「3連戦ではマシンに対する自信を持ててよかったです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ