サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 待望の新人か? アルファ・ロメオ・トナーレ・ハイブリッドへ試乗 コンパスに近い組成 後編

ここから本文です

待望の新人か? アルファ・ロメオ・トナーレ・ハイブリッドへ試乗 コンパスに近い組成 後編

ライバルより運転を楽しめるシャシー

前編を読まれて、トナーレがアルファ・ロメオを本当に救うことができるのか、若干の疑問を抱いた方もいらっしゃるかもしれない。真のゲームチェンジャーになれるのか、実際の試乗で確かめてみたいと思う。

【画像】日本へも年内に上陸予定 アルファ・ロメオ・トナーレ 競合のクロスオーバーと比較 全118枚

アルファ・ロメオの技術者は、駆動用モーターとバッテリーは、コンパクト・クロスオーバーとして適正な大きさだと主張するはず。だが、最新のハイブリッド・モデルとして考えると、最小限に近い。

エンジンが休止している時間は短く、アクセルペダルを踏み込むと、比較的大きめのノイズも放つ。ホンダのハイブリッドと比べれば質感には優れるものの、ガソリンエンジンで走るBMW X1の方がより速く、洗練性も高いと感じる。

7速デュアルクラッチATも悪くはない。最上級グレードのトナーレ・ヴェローチェを選べば、大きなシフトパドルでマニュアル・モードを楽しめる。160psのクロスオーバーとしては、という制限が付くけれど。

ただし、BMWが採用する8速ATと比べると、滑らかさや変速スピード、変速タイミングなどで目立ったアドバンテージはないだろう。

シャシー側では、アルファ・ロメオらしさを高めるため、技術者はかなりの時間を割いたようだ。細部への設計変更によってタイトさを得ており、ライバルより運転は面白い。エグゾーストノートも聴き応えがあり、その印象を強めてくれる。

ステアリングは固定レシオでもクイックで、過度な緊張感はない。ドライビング体験はダイナミック。ステアリングホイールへは、攻め込まないと充分な感触が伝わってこないのが惜しい。

高速道路の長距離走行が得意分野

もう1つのストロングポイントが、乗り心地。20インチのアルミホイールを履いていた試乗車の場合は硬めながら、巧みに衝撃を吸収してくれていた。ボディロールは抑制され、ピレリPゼロタイヤが不足ないグリップやトラクションを生み出してもいた。

ヴェローチェのアダプティブダンパーは基本的な特性が通常のダンパーに近く、際立つオプションではないようだ。18インチ・ホイールを履く、トナーレTiがベストバランスかもしれない。

これらの特徴が融合し、高速道路を長距離走るようなシーンは、トナーレが最も得意とする分野。ロードノイズやサスペンションノイズも小さく、車内は静かに保たれている。比較的高めの着座姿勢は快適で、居心地もいい。

インテリア全体の仕立ては、もう少し手を掛けても良かっただろう。アルファ・ロメオがBMWと並ぶような人気を掴むには、避けては通れない部分だと思う。デザイン自体は悪くないが、もっと気持ちを刺激してくれる雰囲気の方が好ましい。

よりベーシックなライバルのなかには、高級感で上のモデルも存在する。イタリアン・ラグジュアリー・ブランドたらしめる、しっとりとしたレザーがないのは寂しい。

カウリングの付いた2眼メーターは、アルファ・ロメオの定番。現代的なモニター式を採用しつつ、レトロな風合いのあるグラフィックが用いられ、鮮明で見やすい。表示内容はカスタマイズも可能だ。

満塁ホームランが打てる新人になれるか

ダッシュボード上部にはタッチモニターが据えられ、インフォテインメントは最新のステランティス・グループに準じたシステムが実装される。もっとアルファ・ロメオ独自の変更が施されていれば、より印象は優れるだろう。

iドライブ・コントローラーを備えるBMWのシステムが、このクラスではベストの仕上り。論理的で、応答性も良い。

車内空間の広さや実用性では、クラスの平均点は超えている。後部座席側と荷室空間は、BMW X1と同等。だが、少々開放感は低い。太いAピラーとCピラーが、そう感じさせているようだ。

アルファ・ロメオらしくライバル以上の動的能力を備え、魅力的なスタイリングをまとった、クロスオーバーのトナーレ。装備も充実し、長距離クルージングを快適にこなせる。

英国価格は約3万5000ポンド(約584万円)からが見込まれており、価格価値にも優れるようだ。同等装備の日産キャシュカイ(デュアリス)より、若干高い程度。ただし、ハイブリッドのパワートレインとインテリアには、もう少しを求めたいところではある。

オプションやパッケージなどの設定は未定。最終的に、理想的なトナーレがお幾らになるのかは、まだはっきりわからない。

トナーレの内容は、充分といえる。ただし、かつてのモデルが放っていたような独特の誘惑を、読者は感じることができるだろうか。アルファ・ロメオを救うホームランを放つ待望の新人と呼ぶには、あと少しの実力が欲しいところだ。

アルファ・ロメオ・トナーレ・ハイブリッド160(欧州仕様)のスペック

英国価格:3万5000ポンド(約584万円/予想)
全長:4530mm
全幅:1840mm
全高:1600mm
最高速度:209km/h
0-100km/h加速:8.8秒
燃費:15.9-17.6km/L
CO2排出量:130-144g/km
車両重量:1525kg
パワートレイン:直列4気筒1469ccターボチャージャー+電気モーター
使用燃料:ガソリン
最高出力:160ps(エンジン)/20ps(電気モーター)
最大トルク:24.4kg-m(エンジン)/5.6kg-m(電気モーター)
ギアボックス:7速デュアルクラッチ・オートマティック

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します