サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ダイハツからOEM供給を受けるSUBARUの軽ハイトワゴン「ステラ」が一部改良でスマートアシストIIIを全車に標準化

ここから本文です

ダイハツからOEM供給を受けるSUBARUの軽ハイトワゴン「ステラ」が一部改良でスマートアシストIIIを全車に標準化

ダイハツ・ムーヴのSUBARU版の「ステラ」が商品改良を敢行。スマートアシストIIIを全車に標準装備。ボディカラーの一部変更も実施

 SUBARUは8月27日、軽乗用ワゴン「ステラ」の一部改良を行い、同日より発売した。

第2世代の新型SUBARUレヴォーグの先行予約がスタート。正式発表は10月15日を予定

車種展開は以下の通り。
ステラ・Lスマートアシスト:2WD119万9000円/4WD132万5500円
ステラ・Gスマートアシスト:2WD129万8000円/4WD142万4500円
ステラ カスタム・Rスマートアシスト:2WD151万8000円/4WD164万4500円
なお、従来設定していたステラ・Lとステラ カスタム・RSスマートアシストはカタログから外れている。

 ダイハツからOEM供給を受けて販売するSUBARUステラは、ダイハツのムーヴをベースとするSUBARUブランドの軽ハイトワゴンだ。
 今回の商品改良は、安全装備の拡充がメインメニュー。スマートアシストIIIを全車に標準装備して、安全性をより向上させる。また、新たなボディカラーとしてダークエメラルドマイカをステラに追加したほか、従来のパールホワイトIIIに代わってシャイニングホワイト・パールをステラおよびステラ カスタムに新採用した。

 パワートレインは基本的に従来と共通で、KF型658cc直列3気筒DOHC12Vエンジン(52ps)+CVTを搭載。全車ともに経済産業省や国土交通省などが普及を推進するサポカーS〈ワイド〉に該当する。また、今回からWLTCモードに法規対応し、燃費基準レベルを変更した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します