サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新開発1.2ℓNAエンジンの実力は?乗ってわかったダイハツのコンパクトSUV「ロッキー」最新モデルの完成度

ここから本文です
2019年11月に発売されたダイハツ・ロッキー、トヨタ・ライズは、ライズが国産乗用車販売台数NO.1の座についたこともある、今でもそのお手頃感から絶大なる人気を誇る100万円台から手に入る5ナンバーサイズのコンパクトクロスオーバーSUV。ダイハツが、タントに続くDNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)第二弾として登場させ、トヨタにライズとしてOEM供給しているのは、かつてあった両社のコンパクトSUV、ビーゴ&ラッシュを振り返れば、当然のことである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン