サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > わずか4日で受注終了…コペン20周年特別仕様車が、アイボリーの本革シートを選んだ理由

ここから本文です

ダイハツは、年6月20日に先行受注を開始したコペン20周年記念特別仕様車「コペン20thアニバーサリーエディション」について、6月24日に受注台数が1000台に到達したことを発表した。

ダイハツのディーラーによると6月23日(木)までは枠に空きがありオーダーできたが、6月24日(金)朝にメーカーから受注終了の連絡があったという。実際には6月19日の発表前に600台程度の事前受注があったようで、4日間で残りの400台程度が埋まった形である。

S660は終了、コペンは継続! ダイハツがコペンを作り続ける理由とは

さて、その20周年記念特別仕様車は、コペン20周年の節目を迎えるにあたり、約2年前から企画を開始したという。

おすすめのニュース

サイトトップへ