サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 今年を捨てるなんてとんでもない! ベッテル、2022年型への開発移行に“待った”

ここから本文です
 2021年にフェラーリからアストンマーチンへと移籍したセバスチャン・ベッテル。来シーズンには大きなテクニカルレギュレーションの変更を控えており、今季は狭間の年となっているが、彼は開発の軸足を早くに2022年へ移すことを良しとしていない。

 今シーズンはダウンフォースを削減するためのレギュレーション変更があり、昨年大躍進を見せたアストンマーチンはその煽りを受けてしまっている。そういった背景もあり、ベッテルはこれまでの3レースでノーポイントと苦戦が続いている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン