サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「車いす乗車」でクルマの長距離移動は意外と辛い! 高齢化社会に向けた解決策を探る

ここから本文です

クルマ移動を考えた車いすや車両開発が必要

 スロープ式など、車いすを車内にそのまま乗せられるタイプの福祉車両は、近年、ミニバンから軽自動車までライアップが豊富になってきた。だが、それら車両は高齢者や障がい者が通院や通勤・通学などの短距離で乗る分にはいいものの、旅行などで長距離移動する場合には不向きであることは意外と知られていない。ここでは、その理由と将来の高齢化社会に向けた福祉車両作りの解決策について述べていく。

駐車違反にならないって本当? 「車いすマーク」の真の意味とは

福祉車両は「車いす移動車」が主流

 福祉車両の販売は、過去6年間ほぼ安定的な推移で、年間4万5000台前後となっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ