サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 違和感が仕事してない! インプレッサとランエボ、ライバル同士を組み合わせた魔性のカスタムカー爆誕

ここから本文です

違和感が仕事してない! インプレッサとランエボ、ライバル同士を組み合わせた魔性のカスタムカー爆誕

違和感が仕事してない! インプレッサとランエボ、ライバル同士を組み合わせた魔性のカスタムカー爆誕

 スバル「インプレッサ」のボディーに、三菱「ランサーエボリューション」のフロントエンドを移植したカスタムカーが爆誕。ライバル同士を合体させた魔性のニコイチが海外で話題になっています。

 スバル「インプレッサ」は1990年代から生産されている車両。特に世界ラリー選手権での活躍が知られています。スバルがWRCから撤退した現在も、培われた経験を注ぎ込んだスポーツモデルとして「WRX」が作られています。

WRCで戦った本物ラリーカー「インプレッサ WRC S12B」が競売に 伝説のドライバー、コリン・マクレーが走りを見せた最後のマシン

 そして、WRCでインプレッサとしのぎを削りあったライバルが三菱「ランサーエボリューション」。ランサーをモデルに開発されたスポーツカーであり、特に1990年代は2車種で多くの名勝負が繰り広げられました。

 そんな2台の車両を合体させたニコイチが誕生。ベースになったのはインプレッサで、ランサーエボリューションIXのフロント部分を組み合わせています。

 最終的にはランエボ寄りなカラーリングであるレッドで塗装して完成。フロントとボディがピッタリとフィットしているようで、メーカーが異なるクルマでありながら、意外と違和感はありませんね。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します