サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【MotoGP第4戦スペインGP】世界戦に挑む中上選手 表彰台まで0.69秒差の4位に感じた、満足とほろ苦さ

ここから本文です

■表彰台まであと一歩!! 力強い走りと大きな決断

 25周にわたるスペインGPの決勝レースを、中上選手(LCRホンダ・イデミツ)は2列目5番グリッドからスタートしました。1周目は7番手に後退したものの、3周目には6番手に浮上すると、中盤以降しばらくは5番手を走るアレイシ・エスパルガロ選手(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)を追いかける展開となります。

スズキ「Ryuyo(竜洋)」軽量化された最強チューニングバイクが登場

「かなりの周回、アレイシを追いかけていました。そしてどこで交わせるのかを考えていました」と、中上選手は決勝レース後の取材で振り返りました。

おすすめのニュース

サイトトップへ