サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 今季4度目のポールを獲得した山内英輝「無我夢中で走っていたらトップを獲れた」【第8戦GT300予選会見】

ここから本文です
 富士スピードウェイで開催されている2021スーパーGT第8戦『FUJIMAKI GROUP FUJI GT 300km RACE』。11月27日の午後に行われたGT300クラス公式予選を終え、ポールポジションを獲得したSUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人と山内英輝が予選を振り返り、明日の決勝レースへの展望を語った。

井口卓人
Q1担当/ベストタイム:1分35秒437
「朝の走り出しからクルマもタイヤも非常に調子がよく、Q1からQ2に向けて、とにかくQ2に繋ぐことだけを意識して走りました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ