サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「安い」「壊れない」「走りも楽しい」って凄すぎない? ニッポンの軽トラックがとてつもなく優秀なワケ

ここから本文です

「安い」「壊れない」「走りも楽しい」って凄すぎない? ニッポンの軽トラックがとてつもなく優秀なワケ

 速くはないが扱いやすさや楽しさは十分に味わえる

 クルマ好き諸兄にとっては周知の事実だが、日本の軽トラックの実力はかなりすごい。商用や業務用、貨物車としてはもちろん、峠道などでスポーツドライブに興じても意外なほど応えてくれるなど、クルマとしての基本性能は極めて高いレベルに仕立てられている。一般的にはリスペクトされることはないとは言え、決して侮れない存在だ。

高速でカッ飛んでいくけど大丈夫? 質素な商用バンが速く走れるワケ

 雑誌CARトップの人気企画「筑波アタック」で筑波サーキットを走らせてみると、さすがにタイムこそ良くないものの、扱いやすさや楽しさにおいては評価が高かったりもする。

 荷物の積載時にリヤ荷重が大きくなることからトラックはすべて後輪駆動であり、空荷だとリヤの限界が低くなるので、運転スキルが高ければドリフトが楽しみやすいという副産物も。世の中がまだおおらかだった昭和の末期ごろまでは、農道や人気の少ない田舎道で軽トラを走らせて運転を覚えたという人は多かったものだ。砂利道で軽トラを自在に操れるようになれば、FRやMRの本格スポーツカーを操る基礎が身につくという利点もある。

 基本は貨物車ゆえにサスペンションのバネやタイヤはかなり硬く、遮音材はほぼ省かれるので、コンフォート性は必要最低限レベル。ギヤ比は低めで空力特性は良くないことから高速巡航は不得意。過積載にも耐える屈強なフレームをもつため軽自動車としては車重が大きく、燃費面で不利となるなど、ネガ要素も少なくない。

 しかし、これらは働くクルマとしての用途に合わせた結果なので、致し方なし。業務用として使う分には十分な総合性能が与えられている。では、軽トラックは何故これほどまでにクルマとして優秀なのか? 軽トラックが使われてきた歴史を紐解けば、その理由が見えてくる。

 オーナーからの厳しい要望に対応してきた歴史がある

 戦後のモータリゼーションで、最初に普及したのは乗用車ではなく、軽トラックだった。自動車の前に馬車の時代を経た欧米と異なり、クルマが走れる道路の整備が遅れていた日本では、戦前は自転車やリヤカーが庶民の運搬車両として使われ、戦後になって小型のオートバイに発展。その後は三輪トラックが主流となった。

 1954年に開催された第一回の東京モーターショーの出展車は三輪トラックだらけ。そこからダイハツの初代ミゼットが大人気を博し、小型三輪トラックの全盛時代を迎える。あまり整備されていない日本の狭い道を、目一杯荷物を積んで走り抜けるには小型のトラックが最適。バイクに屋根を付けただけのような軽三輪トラックは簡素な構造で値段が安く、零細企業や庶民でも導入しやすかった。

 しかし、軽三輪トラックはコーナリング時の安定性が極めて悪く、横転事故が後を絶たないという問題に直面する。1960年代になるとスバルのサンバーやスズキのキャリィ、ダイハツのハイゼットなど、今でも続く四輪の軽トラックが相次いで誕生し、軽トラックは三輪から四輪が主体に。ホンダや三菱も参入し、右肩上がりの高度経済成長とともに、軽四輪トラックは大繁栄を迎えた。

 軽トラックの性能が磨かれたのは、多様化するユーザーから求められた、ありとあらゆる類いの厳しい要望に細かく応えてきたことに尽きる。高度成長期ということで日本の零細企業はどこも猛烈に忙しく、350kgの最大積載量を超えて積まれることは当たり前。想定の3倍以上もの荷物を積みながら、未舗装路や農道を走破できる走行性能が平然と求められた。

 その一方、豆腐や卵などの食料品や日用品を軽トラックで配達、販売することも多かったため、ある程度はしなやかな乗り心地を確保しなければならないなど、相反する性能を両立させることを多方面から求められる。海辺などで水気の多い土砂や海産物を積まれたりするなど、防錆対策も高い次元が必要となる。これらの厳しい要件を満たすための改良が日々重ねられた。

 もちろんその時代に定められた軽自動車規格を超えることは許されないし、競合が多いので価格も抑えねばならない。個人商店から大企業まで様々な業務で使われるため、乗用車よりはるかにユーザーの評価が厳しいことも性能向上をもたらしたポイントだ。数年でガタが来たりすると、アッサリ見切られて他銘に乗り換えられることも多く、耐久性も極めて重要となる。作る側としてはイヤになりそうな商品と思えるが、販売台数も右肩上がりに伸びるので、メーカーとしても力の入れ甲斐があったという。

 ちなみに、黎明期の軽トラックはスバルのサンバーが一番人気で、最大で33%のシェアを誇った。5メーカーが参入する激戦市場で3分の1を占めたのはすごい。キャブオーバーやRRといった独自性の高いレイアウトを採用したのが奏功した。

 軽トラックには、日本のクルマのなかでもっとも厳しい使用状況下で酷使されながら、多彩な要件に対応し続けてきた歴史がある。それゆえにクルマとしての基本性能が高くなり、いまもなお個人商店や農家、零細企業で重宝され続けているのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します