サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オリパラ組織委の車が事故起こしすぎ なぜそうなった?問われる運転管理と「トップの意識」

ここから本文です

「適切な対応」でも事故が続いた

 東京オリンピック・パラリンピック大会関係車両の交通事故、この3か月で約80件。組織委員会が取材に対し、このように明かしました。

白ナンバートラックの飲酒対策はなぜザルなのか 八街事故 課題多い政府緊急対策

 組織委員会が把握する事故には、8月26日に発生した車椅子利用者の乗車中の落下事故など人身事故が含まれています。組織委員会は、警視庁から「再発防止策を講じるよう指導を受けた」と説明しますが、運行管理の専門家は「大事故に至らなかったのは、幸運としかいいようがない」と驚きます。

 大会関係車両は、パスを所持するすべての人を対象に乗員輸送を行います。

おすすめのニュース

サイトトップへ