サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」スペースフルなSUV感覚ワゴン。三菱eKクロス・スペースの大人を魅了する高い実力

ここから本文です

「最新モデル試乗」スペースフルなSUV感覚ワゴン。三菱eKクロス・スペースの大人を魅了する高い実力

個性的な外観と上質な室内。広さは圧倒的!

 2020年2月にデビューしたeKクロススペースは、eKクロスに続く三菱2台目のKクロスオーバーになる。
 両車はプラットフォームやパワートレーンを共有し、フロントマスクを三菱SUV各車に導入している「ダイナミックシールド」でまとめた点も同じだ。しかし実車を見ると、それぞれの全高に合わせてデザインを絶妙に作り変えている工夫に感心する。

「新型モデル試乗」話題の三菱eKクロス・スペース&日産ルークスの実力

 eKクロスは、上側の細く吊り上がった部分はスモールランプで、ヘッドランプはその下の縦長の部分に内蔵していた。一方、eKクロススペースは上側がヘッドランプ。レンズが厚みを増し、下側のランプは丈が抑えられている。シルバーのアンダーガード風処理は控えめになった。eKクロススペースはファミリーユースにも似合う落ち着いた雰囲気を持っている。

 インパネは、運転席前にアナログの2眼式メーターを置くレイアウト。各所に小物収納スペースが設定され、実用性はハイレベルだ。標準仕様でもクオリティが高いが、オプションのプレミアムインテリアパッケージはさらに上をいく。オレンジのステッチを入れたブラウンの合成皮革はお洒落で上質。欧州プレミアムSUVを思わせる風格がある。後席は左右別々にスライド、リクライニング、折りたたみが可能。スライドを中間にセットしても、身長170cmのパッセンジャーが楽に足を組める。広さは圧倒的だ。

快適ロングドライブ。しっとりとした乗り心地が心地いい

 車両重量はFF仕様でも1トン近くに達するものの、最高出力64psのターボを選べば加速に不満を感じる場面はない。100Nmの最大トルクを2400~4000rpmの幅広い回転域で発揮。これをマイルドハイブリッドがサポートする。高い完成度を誇る運転支援システムのマイパイロットを利用して、高速道路を使ってのロングドライブという使い方も似合う。

 乗り心地はかなりしっとりしている。SUVやクロスオーバーから想像されるゴツゴツ感は皆無だ。その分、コーナーでは車体がそれなりにロールするものの、ステアリングをゆっくり切るように心がければ、スムーズに曲がっていける。

 eKクロススペースは、Kスーパーハイトワゴンならではの使い勝手を、個性的なスタイリング、大人っぽいインテリアとともに味わえる実力派だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します