サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェルスタッペン、フェラーリF1の不正説に「ノーコメント」も、新たな技術指令書発行を歓迎

ここから本文です
 レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、FIAがアメリカGPに続きブラジルGPを前に全チームに対して技術指令書を発行したことを歓迎、規則の解釈が明確になるのはよいことであると語った。

 FIAはレッドブルの問い合わせにこたえる形で、アメリカGPで燃料流量に関する規則の明確化を行い、グレーゾーンを取り除いた。その週末、フェラーリが最速でなかった理由について、フェルスタッペンは「不正をやめたせいだ」と発言。不正はないと主張するフェラーリ代表マッティア・ビノットは、フェルスタッペンの発言に怒りを示した。