サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルファロメオ、ライコネンのピットレーン接触原因は“信号システムトラブル”と説明

ここから本文です
 ハンガロリンクで行なわれたF1第11戦ハンガリーGP。アルファロメオのキミ・ライコネンはピットレーンで発生した接触によって10秒のペナルティを科されてしまったが、その原因はチームの信号システムにあったようだ。

 ハンガリーGP決勝は1周目に多重クラッシュが起きたことによって、赤旗中断に。再開時には既に路面が乾きつつあったため、ルイス・ハミルトン(メルセデス)を除く全ドライバーがリスタートのグリッドに並ぶことなく、ピットへ入ることを選んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ