サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F2ジェッダ レース3:大混乱で”12分”の超短期決戦を、ピアストリ制す。クラッシュのドライバーは病院に搬送

ここから本文です

 FIA F2の第7ラウンド、ジェッダ戦レース3が行なわれ、大混乱となった1戦をオスカー・ピアストリ(プレマ)が制した。

 本来ならば現地時間の17時25分にスタートが切られる予定だったこのレース3だが、コンクリートウォールの交換に時間がかかったため、予定よりも38分遅れた18時3分にレーススタート。しかし、このレースのスタート直後にも混乱が起きてしまう。

■F2ジェッダ レース2:セーフティカー3回の大荒れレースで、ピアストリ今季4勝目。ビスカール2位

 3番グリッドのテオ・プルシェール(ARTグランプリ)がスタートで動き出すことができず、そこに後続のエンツォ・フィッティパルディ(チャロウズ)が突っ込んでしまったのだ。

 これでレースは赤旗中断。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン