サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > CO2排出削減のため……”宮殿”のようなF1モーターホームとのお別れは近い?

ここから本文です

 F1オーナーであるリバティ・メディアとFIAは昨年、より効率的な輸送方法を活用し、マシンからの二酸化炭素排出量を減らすことで、2030年までにカーボンニュートラル化を目指すと発表した。

 これはかなり野心的な計画だと言える。しかしF1上層部は現実的な目標だと捉えており、達成に向けてどうするのがベストなのか、すでに検討を進めている。

■これが2020年ホンダF1サウンドだ! アルファタウリ、マシン始動に成功

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、列車や海上輸送も含めた様々な形態の輸送手段を活用することを検討していると話し、ヨーロッパでのレースに使われているモーターホームの見直しを示唆した。

おすすめのニュース

サイトトップへ