サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】137秒で6,000台を受注した中国発の人気SUV、「01」の改良版を捕捉!

ここから本文です

フロントマスクとインパネ回りを一新して発表は最速2020年内!

中国の吉利ホールディンググループ(以下、ジーリー)のブランド、「Lynk & Co」初のSUVである「01」のアップデート版と思われる開発車両がカメラに捉えられた。2017年に発売された01は、ジーリーが傘下に持つボルボの「XC 40」とプラットフォーム(CMA、コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を共有。発売からわずか137秒で6,000台の受注を獲得するという世界記録を持つ人気モデルだ。

ボルボが吉利車の生産を2019年後半から開始

開発車両はフロントエンド、およびコックピットにカモフラージュが施された状態。

おすすめのニュース

サイトトップへ