サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 予選での”ミス”が続く角田裕毅「最初のアタックへの、アプローチの仕方を変える必要がある」

ここから本文です

 オーストリア、レッドブルリンクでの2連戦を迎える2021年のF1。まず行なわれるのは、シュタイアーマルクGPである。

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、レッドブル系列のドライバーとして、初めてレッドブルが所有するサーキットでのグランプリを迎える。

■アルファタウリ・ホンダの角田、経験値の多いレッドブルリンクでの2連戦……課題の予選は「かなりタイトになる」

 このことについて角田は、木曜日の記者会見で次のように語った。

「ポール・リカール(フランスGP)の後は、(欧州での角田の活動拠点である)ファエンツァに戻りました。そして、フランツに課されたスケジュールをこなしました」

 角田はまずそう語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン