サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト2日目はウエットからドライに。大津弘樹がトップタイム

ここから本文です
 12月8日、全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同テストの2日目午前のセッション3が三重県の鈴鹿サーキットで行われ、ウエットからドライにコンディションが転じるなか、大津弘樹(DANDELION RACING)が1分36秒658でトップタイムをマーク。ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM'S)、山下健太(KONDO RACING)と続いた。

 12月7日からスタートしたスーパーフォーミュラの合同テストは2日目を迎えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン