サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【海外試乗】ポルシェ タイカン4Sは電動化戦略の本気度を感じるハイパフォーマンスEV

ここから本文です
ポルシェ初の量産EV「タイカン」。ターボ/ターボSの試乗記はすでにお届けしているが、新たに「4S」と呼ばれるエントリーグレードが追加投入された。その走りのパフォーマンスを北欧のフィンランドで確かめてきた。(Motor Magazine 2020年2月号より)

単なる電気自動車ではない
シュトゥットガルト郊外はツッフェンハウゼンの地。そこに点在する土地に新設した工場を、ベルトコンベアで結んでまで「本社生産」にこだわったのがポルシェ初の量産ピュアEVであるタイカンだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ