サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 「ほんま、おおきに」関西弁をしゃべるロボットつき ダイハツ、自動運転コンセプトカー「ICOICO」発表

ここから本文です
 ダイハツは、東京ビッグサイトにて開催中の東京モーターショー2019(一般公開日10月25日~11月4日)で、自動運転のコンセプトカー「ICOICO(イコイコ)」と付属の会話ロボット「NIPOTE(ニポテ)」を初出展しました。

 自動運転コンセプトカー「ICOICO」は、人々の日常的な移動をサポートする「パブリックトランスポーター」として開発されている乗り物。細い道でも軽やかに移動できるコンパクトサイズで、大きく開くドアと格納式のスロープが備わっており、車いす利用者やキャリーバッグを持つ人も気軽に利用できるよう設計しています。

おすすめのニュース

サイトトップへ