サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ドライタイヤでいけると思ったんだけど……ギャンブル大失敗のベッテル、奇妙な路面コンディションに困惑

ここから本文です
 ウエットコンディションの中、各車がインターミディエイトタイヤを履いてスタートしたF1トルコGP。徐々に路面が乾いていくレース後半、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)はドライタイヤに交換するギャンブルに出たが、コースはまだ滑りやすく、結果的に作戦は大失敗に終わった。

 ベッテル曰く、この戦略はチームが提案したものだが、最終判断を下したのは自分自身とのこと。ミディアムタイヤでコースインしたベッテルは、ターン4やターン7でコースオフするなどまともに走れる状況ではなく、その周の終わりにたまらずピットインしたが、ピットレーン入口でもハーフスピンするという散々な状況。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン