サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ロケットスタート見せたアロンソ、”ダークサイド”に堕ちる!?「これまでの9レースは逆の立場だったけど……」

ここから本文です

 F1第10戦イギリスGPで初めて実施されたスプリント予選レース。そこで最も印象的なパフォーマンスを見せたのは、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)だったと言ってもいいだろう。

 ソフトタイヤでのスタートを選んだアロンソは、オープニングラップで11番グリッドから5番手までジャンプアップしてみせた。その後はランド・ノリス、ダニエル・リカルド(共にマクラーレン)と激しいバトルを繰り広げた。

■「守っているの俺だけ……」アロンソ、1周目のトラックリミット取り締まりに不満爆発

 ストレートでスリップストリームを利用されまいと、右に左にラインを変えていたアロンソだったが、マクラーレンはレースコントロールに苦情を出した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン