サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > セダンの復権を狙うがあえなく撃沈! 1代限りで消えた「残念な」21世紀のチャレンジャー4選

ここから本文です

セダンの復権を狙うがあえなく撃沈! 1代限りで消えた「残念な」21世紀のチャレンジャー4選

 オーソドックスに留まらないチャレンジ精神あふれるモデルも!

 セダン冬の時代と言われるようになって久しい。クルマの基本はセダンと言う声もあるが、もはやフォーマルなシーンで使われるショーファードリブンか、セダン以外の選択肢は考えられないという一部のファン向けの商品となりつつあるようにも感じる。

名前はともかく形が思い出せない……超短命がゆえに激レアな国産車4選

 そんな風潮は、いつ頃から始まったのか。思えば、ステーションワゴンやクロカン四駆が一部のマニアではなく多くのユーザーに売れるようになった1990年代にはセダンが主役の座から降りることは決まっていたのかもしれない。とはいえ、メーカーはセダンのニューモデル、新潮流を生み出すことを諦めたわけではなかった。いくつもの挑戦があった。

 ここでは、そうした時代に抗うように21世紀になって登場、しかし一代限りで消えてしまった不遇のセダン4モデルを紹介しよう。

 1)トヨタ・ヴェロッサ(2001~2004年)

 トヨタの4ドアセダンとしては中堅的なモデルであり、一億総中流といわれた時期にはもっとも売れたモデルでもあった「マークII」最後の姉妹車として2001年に登場したのが「ヴェロッサ」だ。それまでマークIIの姉妹車といえば「クレスタ」、「チェイサー」が知られていたが、その2モデルを統合する後継モデルというポジションで生まれたブランニューモデルといえる。

 コンサバなマークIIに対して、スポーティであったりエモーショナルであったりといった個性を強めたデザインは、アクが強く3年足らずで生産中止となってしまった。なお、基本メカニズムは110系マークIIと共通で、トップグレードは280馬力を発生する2.5リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載、5速MTと組み合わされたこともあって、一部のドリフトファンに愛用されたことも記憶に残る。

 2)トヨタ・ブレビス(2001~2007年)

 ヴェロッサとほぼ同時期に同じくトヨタから登場した、小さな高級車の新提案が「ブレビス」だ。1720mmの全幅や2.5~3.0リッターのエンジンにより3ナンバーとなっているが、全長は4.6m足らずで、扱いやすいコンパクトなボディとなっている。FRプラットフォームに直列6気筒エンジンを組み合わせるというハードウェアは、いわゆる高級車的な乗り味を生み出すもので、外連味のないスタイリングも“あがりの一台”を求めるベテランユーザー層には評価された。

 メカニズム面ではアクセル&ブレーキペダルの位置をスライドして調整する機構や、現在のADASにつながるレーダークルーズコントロールなどを備えるなど意欲的な部分もあり、けっしてオーソドックスに留まらないチャレンジングな一面もあった。しかしながら時流の変化は、ブレビスのフルモデルチェンジを許さず、これまた一代限りで終わっている。

 グローバル戦略モデルも登場したが付け入る隙がなかった

 3)ホンダ・フィットアリア(2002~2009年)

 5ナンバーサイズのセダンというニーズは、けっして多くはないものの今でも存在しているが、正直言ってそのニーズはトヨタ・カローラアクシオが一手に引き受けるカタチで他社の付け入るすきはないといえるのが実情だが、ホンダは手を変え品を変え、名前を変えてチャレンジしている。現在は「グレイス」というモデルをラインアップしているが、それ以前のチャレンジャーが2002年に登場した「フィットアリア」だ。

 海外では「シティ」の名前で売られているモデルのリネーム版で、生産はタイというグローバルモデルだった。大ヒットしたフィットの名前を冠した5ナンバーセダンは、当然ながらメカニズムもフィット譲りで、エンジンは1.3~1.5リッター、トランスミッションはCVTという日本市場では本流という内容だったが、芳しい結果を残すことなく一代限りで消滅している。ちなみに2020年になって日産からSUVの電気自動車「アリア」が登場しているが、英語の綴りはフィットアリアが「Aria」なのに対して、日産のほうは「ARIYA」と異なっていたりする。

 4)スズキ・キザシ(2009~2015年)

 21世紀に登場したセダンで、一代限りで消えてしまったモデルといえば、おそらく多くの自動車好きの頭のなかに思い浮かぶのが、このモデルだろう。そう、スズキの3ナンバーセダン「キザシ」である。2.4リッターエンジンをフロントに横置きしたFWDプラットフォームを基本に、4WDも設定されたキザシは、日本だけでなく北米や中国市場にも投入されたグローバルな戦略モデルだ。そのヨーロピアンなたたずまいからマニアの評価も高く、またスイフトにも通じる筋の通った走り味も高い評価を受けたが、そもそもスズキの3ナンバーセダンを買うという市場が小さく、ビジネスとしては成功したとはいいがたい。

 結果として警察車両(いわゆる覆面パトカー)として大量導入されたことが目立つようになってしまった。なお、スズキ全体の戦略として現在では北米、中国とも四輪販売から撤退。キザシの後継モデルが登場する気配も感じられないというのが現状だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します