現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェ718のオープントップモデルの最強バージョン「718スパイダーRS」が日本デビュー

ここから本文です

ポルシェ718のオープントップモデルの最強バージョン「718スパイダーRS」が日本デビュー

掲載 6
ポルシェ718のオープントップモデルの最強バージョン「718スパイダーRS」が日本デビュー

 ポルシェ ジャパンは2023年5月10日、718モデルレンジの頂点に位置するハイパフォーマンスバージョン「718スパイダーRS」の予約受注を開始した。車両価格は2024万円に設定。ハンドル位置は右/左を用意している。

 718スパイダーRSは、独ヴァイザッハのポルシェ開発センターの南端に位置し、ポルシェレーシングカーの本拠地であるフラハトにおいて開発およびテストを実施して製作する、サーキット志向の「718ケイマンGT4 RS」と対をなすオープントップモデルで、ミッドエンジンロードスターの最強バージョンに位置する。

「ポルシェ史上でも最大級の広範な製品アップグレード」を謳う改良型ポルシェ・カイエンが日本デビュー

 パワーユニットには、911 GT3 Rや911 RSRの血統を受け継ぐ、自然吸気の3996cc水平対向6気筒DOHCエンジンを専用チューニングでミッドシップ搭載。6つの個別スロットルバルブが6つのシリンダーのそれぞれに最適な空気を供給し、またセンターオイルフィードや鍛造ピストン、軽量チタン製ピストンロッドなどを採用して、効率性を引き上げるとともに耐久性を向上させた。切り替え可能な2つのレゾナンスフラップも組み込み、最高回転数は9000rpmに設定。最高出力は500ps/8400rpm、最大トルクは450Nm/6750rpmを発生する。さらに、強化プラスチック製エアボックスを配して視覚的な楽しみを演出し、合わせてその内部に移設した新しいエアフィルターを装備。そして、リアサイレンサーと分離化した2つのステンレススチール製テールパイプを備える大容量の軽量ステンレススチールスポーツエグゾーストシステムを配備した。

 トランスミッションには、専用セッティングの7速ポルシェデュアルクラッチトランスミッション(PDK)をダイナミックギアボックスマウントで配備。PDKセレクターはマニュアルシフトレバーに基づいて設計し、マニュアルでのシフト操作も可能とする。伝達能力を高めるために、機械式ディファレンシャルロックも標準で装備した。性能面では、0→100km/h加速が3.4秒、最高速度が308km/h、0→1/4マイル加速11.3秒と公表している。

 シャシー性能の向上も訴求点だ。モータースポーツで使用されるヘルパースプリングおよび専用ホイールマウントと組み合わせたリジッドスプリング、専用セッティングのショックアブソーバーを組み込んだうえで、精緻なホイールコントロールを可能とするボールジョイントを採用。また、30mm車高を低くするポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)を設定し、車両の重心を下げることでコーナリング性能を向上させる。さらに、センサーの精度アップを図ったポルシェスタビリティーマネージメント(PSM)や機械式リアディファレンシャルを備えたポルシェトルクベクタリングプラス(PTV)、フロントアクスルリフトシステムなどを標準で組み込んだ。一方、制動機構には前φ408mmディスク+対向6ピストンアルミニウムモノブロックキャリパー/後φ380mmディスク+対向4ピストンアルミニウムモノブロックキャリパーを配備。キャリパーはレッドで塗装し、またディスクには鋳鉄・アルミニウム複合材を採用する。オプションとして、ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)も用意した。

 エクステリアに関しては、徹底した軽量化を実施。フロントリッド、フロントフェンダー、サイドエアインテークなどには、軽量で耐久性のある炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を採用する。また、トップは2ピース構造の手動開閉式軽量ファブリックソフトトップ(サンシールド/サイドフィン/ウェザープロテクション付き、重量18.3kg)を配し、ロック解除のための外部ループ(レッド)を備える。トップ自体はブラックで仕上げ、レッドまたはグレーのパイピングを施した。空車重量は1410kg(DIN)を実現している。

 エアロダイナミクスと冷却性能の向上も行い、ブレーキ冷却用のNACAエアインテークを配したCFRP製のボンネットや、グリル付き大型クーリングインテークを備えたフロントエプロン(“Spyder RS”ロゴ入りスポイラーリップ/セントラルエアアウトレットを装備)、エクステリアカラー塗装のCFRP製フロントフェンダーおよびブラックのホイールアーチベンチレーター、リアクォーターに配したプロセスエアインレット、2本のストリームライナーを備えたアルミニウム製リアリッド、ダックテールのような固定式のリアスポイラー、ディフューザー付きのリアエプロンなどを専用装備。足もとには、718 Cayman GT4 RS 鍛造アルミホイール(“RS”ロゴ入りホイールハブカバー付、前8.5J×20/後11J×20、タイヤサイズは前245/35ZR20/後295/30ZR20)を装着した。

 内包するインテリアは、ドライバーの総合的な心地よさ、アクセシビリティ、直接読み取れる情報、優れた機能性、最適な人間工学などに基づいて、コクピットをアレンジする。カラーおよびマテリアルには、ブラックまたはアークティックグレーのレザー/Race-Texを採用。装備面では、Race-Texで仕立てたステアリングホイールリム、セレクターゲーター、PDKセレクターグリップ、ドアハンドル、ドアパネルアームレスト、センターコンソールアームレスト、Aピラーを配し、またステアリングトップセンターにはイエローのマーカーを刻む。一方、シートボルスター、ヘッドレスト、ステアリングホイールエアバッグモジュール、ドアパネルアームレストサイド、センターコンソールストレージコンパートメントリッドサイドなどにはレザーを、ダッシュボードとセンターコンソールのデコラティブパネルにはサテンカーボン織目模様仕上げを採用した。そして、シートにはカーボン織目模様仕上げのCFRP製フルバケットタイプを装備。表皮はコントラストカラーのRace-Texセンターを配したブラックレザーで仕立て、ヘッドレストにはコントラストカラーで“Spyder RS”ロゴを刺繍した。

 オプション設定のヴァイザッハパッケージ(Weissach package)の内容を紹介しよう。外装の装備アイテムとしては、カーボン織目模様で仕上げたフロントリッド、プロセスエアインテーク、サイドブレード、エクステリアミラーアッパートリム、ブレーキライトハウジング上部、ロールオーバーバーのカバー、リアスポイラーのガーニーフラップのほか、ヴァイザッハパッケージのシグネチャー入りファブリックフードやチタン製のテールパイプなどを設定。内装については、Race-Texで装飾したダッシュボード上部や、サーキットをデザインした“Weissach”および“RS”ロゴを刺繍するヘッドレストなどを配備する。また、ヴァイザッハパッケージを選ぶと、約10kgの軽量化を果たす718Cayman GT4 RS 20インチ鍛造マグネシウムホイールをオプションで選択することが可能だ。

 さらに、ポルシェは718スパイダーRSの登場に合わせて、同車のユーザーに向けた限定腕時計の「クロノグラフ718スパイダーRS」を用意。グループ企業のポルシェ デザインが手がけたスペシャルなクロノグラフは、718スパイダーRSが重視する軽量設計を踏襲し、チタン製のケースやカーボンファイバー製の文字盤を採用。また、7層無反射コーティングを施した“スクラッチレジスタント”サファイアクリスタルや、スーパールミノバを塗布した指針、“Spyder RS”ロゴとチェッカーパターン、ブラックのRace-Texとレザーのコンビネーションで仕立てたストラップなどを採用している。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

背中から全身へ、クールな風で暑さ対策!ヘッドレスト設置タイプのUSB扇風機 キャムショップ
背中から全身へ、クールな風で暑さ対策!ヘッドレスト設置タイプのUSB扇風機 キャムショップ
グーネット
Team HRCが最多220周を走破し3連覇達成。ホンダ30勝目&高橋巧の最多勝更新となるメモリアルウインに/鈴鹿8耐
Team HRCが最多220周を走破し3連覇達成。ホンダ30勝目&高橋巧の最多勝更新となるメモリアルウインに/鈴鹿8耐
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士終了時点
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第4戦富士終了時点
AUTOSPORT web
ロバンペラが初開催WRCラトビアを完全制圧。“新星”セスクは突如失速で表彰台守り切れず/最終日
ロバンペラが初開催WRCラトビアを完全制圧。“新星”セスクは突如失速で表彰台守り切れず/最終日
AUTOSPORT web
【最終結果】2024年WRC第8戦ラリー・ラトビア パワーステージ後
【最終結果】2024年WRC第8戦ラリー・ラトビア パワーステージ後
AUTOSPORT web
先行限定販売で話題沸騰のレクサス[GX]! ランクル250超えで2024年秋に通常販売開始!
先行限定販売で話題沸騰のレクサス[GX]! ランクル250超えで2024年秋に通常販売開始!
ベストカーWeb
妻の連勝で「めちゃくちゃプレッシャー」 坪井翔が目覚め「TEAM MUGENとして火がついている」【第4戦決勝会見】
妻の連勝で「めちゃくちゃプレッシャー」 坪井翔が目覚め「TEAM MUGENとして火がついている」【第4戦決勝会見】
AUTOSPORT web
中古セダンを考え中の方に ハイテク装備満載のフラッグシップセダン ホンダ レジェンド海外試乗プレイバック
中古セダンを考え中の方に ハイテク装備満載のフラッグシップセダン ホンダ レジェンド海外試乗プレイバック
ベストカーWeb
60年以上むかしのボルボの剛性感に感動!「PV544」は可愛いルックスに反してラリーで大活躍した名車でした【旧車ソムリエ】
60年以上むかしのボルボの剛性感に感動!「PV544」は可愛いルックスに反してラリーで大活躍した名車でした【旧車ソムリエ】
Auto Messe Web
高温の中でレース観戦した結果、ライダーは超人と認識!! 鈴鹿8耐決勝スタートから眼が離せない
高温の中でレース観戦した結果、ライダーは超人と認識!! 鈴鹿8耐決勝スタートから眼が離せない
バイクのニュース
Team HRCが3連覇達成【暫定順位結果】2024鈴鹿8時間耐久ロードレース 決勝
Team HRCが3連覇達成【暫定順位結果】2024鈴鹿8時間耐久ロードレース 決勝
AUTOSPORT web
プジョーの「7シーター」SUV刷新 E-5008へ試乗 クルマへ求めるモノを満たす次世代!
プジョーの「7シーター」SUV刷新 E-5008へ試乗 クルマへ求めるモノを満たす次世代!
AUTOCAR JAPAN
ポルシェやミニを乗り継いだベテランがたどり着いたのは…「醜い」といわれるアルファ ロメオ「ジュリア 1600スーパー」は機関好調です
ポルシェやミニを乗り継いだベテランがたどり着いたのは…「醜い」といわれるアルファ ロメオ「ジュリア 1600スーパー」は機関好調です
Auto Messe Web
【鈴鹿8耐】3連覇に向けHRCがトップをキープし残り1時間へ、ヨシムラは痛恨のペナルティ/7時間途中経過
【鈴鹿8耐】3連覇に向けHRCがトップをキープし残り1時間へ、ヨシムラは痛恨のペナルティ/7時間途中経過
AUTOSPORT web
坪井翔が魅せた“魂の5周”。鮮やかな逆転で4年ぶり&移籍後初勝利、“夫婦優勝”の快挙も達成【第4戦富士決勝レポート】
坪井翔が魅せた“魂の5周”。鮮やかな逆転で4年ぶり&移籍後初勝利、“夫婦優勝”の快挙も達成【第4戦富士決勝レポート】
AUTOSPORT web
幸運掴んだアントネッリが今季2勝目。宮田莉朋は18番手から7レースぶりの入賞/FIA F2第9戦レース2
幸運掴んだアントネッリが今季2勝目。宮田莉朋は18番手から7レースぶりの入賞/FIA F2第9戦レース2
AUTOSPORT web
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第13戦ハンガリーGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web

みんなのコメント

6件
  • 早く納車されないかな。
    楽しみだぜ。
  • ポルシェもなんだか乗用車化してしまいましたね。俺はもっと尖がったのが好きです
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1356.02024.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1430.02200.0万円

中古車を検索
718 スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1356.02024.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1430.02200.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村