サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECオースティン:レベリオンがプラクティス最速。トヨタ7号車はLMP2の後塵を拝する苦しい展開に

ここから本文です
 WEC世界耐久選手権は2月22日、アメリカ・テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で、WECサンパウロの代替戦として行われる2019/20年シーズン第5戦ローン・スタ・ル・マンが開幕。通常とは異なり走行初日が予選日となるなかでフリープラクティス1回目と、同2回目が行われ、レベリオン・レーシングの1号車レベリオンR13・ギブソン(ブルーノ・セナ/グスタボ・メネゼス/ノルマン・ナト組)両セッションともにトップタイムを記録した。

 土日でのツーデイズ開催となる今戦はフリープラクティス3回目がなくFP1、FP2が行われる初日に公式予選が実施される。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン