サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、F1イギリスGP初日は厳しい出だしに「現状かなり苦しんでいる」

ここから本文です

 F1イギリスGPの初日の走行が終了。角田裕毅(アルファタウリ)はFP2で16番手に終わるなど、厳しい戦いを強いられている状況だ。

 今回のイギリスGPは気まぐれなブリティッシュウェザーの影響でFP1が雨となり、多くのドライバーが走行を控えた。角田も5周を走行するにとどまり、9番手タイムだった。各車はFP2の60分間で持ち込みセッティングやレースペースなどを一気に確認する形となったが、アルファタウリは角田が16番手、ガスリーが18番手に終わるなど、共に下位に沈んだ。

■F1メカ解説|多くのチームがアップデート投入。その新しい姿をクローズアップ:イギリスGPピットレーン直送便

 角田はチームのプレスリリースの中で以下のようにコメントし、現状は苦戦していることを認めた。

おすすめのニュース

サイトトップへ