サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「独特のアプローチで仕上げられた漆黒のBNR34」高回転域のパンチ力を重視した800馬力仕様

ここから本文です

サーキットに的を絞ったモンスターGT-R

心臓部はRB26改2.7L+Vカム+T51R kaiタービン仕様

「オートマの現行スイフト乗りは必見!」モンスタースポーツから操作性を飛躍させるペダルカバーが登場!

本格的なレーシングスペックからストリートチューンドまで、幅広く対応する実力派ショップ“ティーゲット”。そんな同社が、サーキットでのタイムアタック仕様として熟成を進めているのがこのBNR34だ。

エンジンはJUNのピストン、コンロッド、クランクを使用して組み上げた2.7L仕様。RB26改2.7Lといえば高回転を重視したモディファイとして定番の手法だが、ティーゲットではパワーバンドの拡大を目的に、HKSのVカムステップ2も組み合わせている。

おすすめのニュース

サイトトップへ