サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京消防庁がEV救急車を導入! 役に…立つのか…?【クルマの達人になる】

ここから本文です

 日産は2020年5月18日、東京消防庁池袋消防署へ納車した日本初のゼロ・エミッション(EV)救急車が、同署のデイタイム救急隊で運用開始されたと発表した。

 ちなみに、あまり聞きなれない「デイタイム救急隊」だが、隊員の勤務時間を平日の日勤時間帯のみに限定した隊で、男女問わず育休明けで職場復帰した隊員を主な対象としている。増加傾向にある救急出動に対応する、人材の確保を図るために2020年5月17日に発足された。

ホンダe発売秒読み時期に仰天情報 ホンダEV戦略GMとタッグで世界を狙う

 そんなデイタイム救急隊で稼働が始まった日本初のEV救急車だが、どのようなクルマなのか? 今後医療現場にEV救急車は増えるのか? 国沢光宏氏が解説していく。

おすすめのニュース

サイトトップへ