サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 水素を地産地消、住友商事が事業化調査を開始

ここから本文です

住友商事は1月22日、石油・ガス開発事業者のARAペトロリアムと、オマーンで水素を地産地消する事業化調査を1月から開始したと発表した。

事業は、ARAが石油・ガスを生産する鉱区で地産地消型水素サプライチェーンを構築するもので、2023年の商業運転の開始を目指している。

鉱区内で発生した随伴ガスから年間300~400トンの水素を製造し、主にARAが鉱区内で導入する燃料電池自動車(FCV)の燃料として活用する。同時に、水素製造時に発生するCO2を回収して地場産業向けに有効活用する。

おすすめのニュース

サイトトップへ