サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーフォーミュラ鈴鹿合同テストの2日目午後はロング主体。大湯がトップタイム

ここから本文です
 12月8日、全日本スーパーフォーミュラ選手権の合同テストの2日目午後のセッション4が三重県の鈴鹿サーキットで行われ、ロングラン中心のメニューのなか大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)がトップタイム。2日間に渡るテストを締めくくった。

 2日間に渡って行われてきたスーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。初日は終日ウエットだったテストだが、2日目は午前から晴れ間が広がりはじめ、14時10分からスタートしたセッション4は、完全なドライコンディションとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン